■埋没法の危険性について

上まぶたの内側には、瞼板(けんばん)という軟骨のような板があり、
瞼板の上部は瞼板挙筋(けんばんきょきん)という、まぶたを引き上げるための筋肉につながっています。
一般的に埋没法は糸のかける位置によって以下の種類に分けられます。



このうち「瞼板固定法」はもっとも手術が簡単なので広く行われてきました。
ですが、この方法はまぶたの裏側に糸が露出する方法の為、眼球(角膜)に傷をつける可能性があると
以前から指摘されています。
実際に埋没法を受けた患者様では「眼科で角膜に傷がついていると言われた」
「手術をしてからゴロゴロした違和感がある」等の声が沢山よせられました。
もちろん埋没法を受けられた方でも全く問題無いケースもありますので一概にすべてが危険だとは
言い切れませんが、今まで問題が起こってきた事も事実ですので、注意は必要でしょう。


■埋没法が抜糸されるケース

当院では今までも沢山の方の他院抜糸を行って来ましたが、それらは次のケースに分けられます。

1 眼に違和感を感じる。眼科で角膜に傷が付いていると言われた。

上記のように、まぶたの裏側に糸が出ている手術法によって眼球に傷がついたり、
違和感を感じたりするケースです。

2 術後の状態に我慢が出来ない

一般的な埋没法では術後に大きな腫れが出てしまう事が多く、落ち着くのに1週間から場合によっては
1ヶ月以上かかる場合があります。

3 二重の形を変えたい

以前受けた埋没法の形を変えたいというケースです。
今のデザインよりも狭く希望する場合、ほとんどのケースでは抜糸が必要となります。
今のデザインよりも広く希望する場合は抜糸しなくても良いケースが多いですが、
中には抜糸を行ったほうが良い事もあります。


■どこで抜糸をすれば良いか

埋没法をしてもらった医院で抜糸をしてもらえるのであればそれが一番でしょう。
手術をしたドクター本人であればどこからどのように糸を通してどこで結んでいるかを把握しているはずです。
ですが、実際は他の医院で抜糸を行うケースも少なくありません。

1 埋没法を行なったクリニックが抜糸を行わない

抜糸を希望してもしばらく待つように言われて抜糸に応じてもらえない場合や、
「抜糸をすると手術の時より腫れてしまう」「大きく傷が残る」などと言われる場合、数ヶ月経過してしまったので糸が見つからない等の理由で抜糸をしてもらえないケースがあります。

2 本人が別の医院を希望

埋没法を受けたときのドクターと信頼関係を築くことが出来なかった等の理由で
抜糸は別の医院で行いたいと希望するケースです。


■抜糸に関する色々な噂

「抜糸を行うと大きく腫れてしまう」
「抜糸を行うと大きな傷が残る」
「数ヶ月たってしまったので糸がみつからない」


これらは真実であるとも、間違っているともいえます。
埋没法の抜糸は例えて言うなら「砂浜に落とした指輪を探す」作業に似てるといえます。
落としてすぐならみつかりやすいですが、時間がたてばたつほどその場所は分かりにくくなります。
金属探知機等があれば見つかる確率も格段に上がり砂浜をあまり荒らさなくてもよくなりますが、
そのようなセンサーが無い場合大きく砂浜を掘り返す必要があり、
それでも見つからない可能性が高くなります。
埋没法の抜糸でも同じことが言えます。
この探知センサーをドクターの技術として考えると、すべては抜糸をするドクターの熟練で変わるといえます。
埋没法の抜糸に慣れていないドクターが抜糸を行うと上記の事柄はすべて真実となりますが、
熟練したドクターが行う抜糸は「腫れが少ない」「傷は残るか残らないかのレベル」
「数年経過した糸でも抜糸が可能な場合が多い」結果となります。
特殊なケースとしてはドクターは熟練していても医院の方針として抜糸を行いたくない場合は
上記のような理由で断るようです。
いずれにしても「腫れる・大きな傷が残る・みつからない」というクリニックでは抜糸を行わない方が
無難といえます。


このウィンドウを閉じる